内容はそろったメンバーによって変えます。

流れは下記の感じです。

ストレッチ

https://youtu.be/xFo-sELg1tg

基礎

https://youtu.be/7GWhrjpOiTY

ステップワーク

https://youtu.be/HIWmVNTr9ps

ラダー(日吉小学校、長柄武道館の場合)

https://youtu.be/mNECHA3uw44


グローブをつけて2人ぐみでの反応練習。

(その場でたったままジャブを相手の右グローブに放ち、相手はそれをグローブを動かすことによって避けます。)


膝タッチ、肩タッチ練習。


マスボクシング

https://youtu.be/EjKrs0jIxGQ


ミット


ストレッチ

の流れです。

マスボクシングはやりたい人のみです。






練習メニュー(PRO時代)

屈伸 3分 2ラウンド

ボクサー歩行 2ラウンド

ステップ しながらワンツー 2ラウンド

前後ステップ 2ラウンド

防御の基本動作 2ラウンド

シャドウボクシング 2ラウンド


マスボクシング 2ラウンド

ミットうち 2ラウンド

サンドバック2ラウンド


サンドバックで20秒連打(20秒ワンツー全開、10秒休み) を6


縄跳び 2ラウンド


こんなかんじで練習していました。

ご参考になれば幸いです。






基礎が固まるまではひたすら基本動作をやるのがいいです。

(鏡の前でジャブをゆっくり11分ぐらいかけて最小限の動作で行うなど。)


サンドバックでピンポイントで拳が当たるようにひたすら一日中でもいいので一つのパンチを打ち続けるのもいいと思います。


またスティックミットなどで、パンチを避ける練習をやるのもかなり有効です。


基礎ができたら、または基礎と並行して、肩タッチや膝タッチの練習をして反射神経や動体視力の向上を。


そしてプロテストに合格できるぐらい基礎が完成したら、練習の80%がマスボクシング(パンチを当てない)でいいと思います。

防御の経験と攻撃のアイデアをこれで養います。