顎や頭部を完全に打ち抜いた後に元の位置に素早く引くパンチがあります。

イメージ

https://youtu.be/3CL3cApcihg

打ち抜いているので手応えはありません。



https://youtu.be/JP3EJr-6v0s

伸ばし切るパンチというのは前体重を乗せ切るイメージです。


右ストレートの時に左の脇を開くのは

オーソドックスの場合です。

状況、習熟度にもよりますがあくまで応用編のパンチです。

そっちの方が右が伸びますが、形ができてない場合、フォームが崩れます。

筋力がないと安定しません。

そしてディフェンス(防御面)での欠点があるため、適応できる人は少ないと思います。



IMG_1791


重心位置の切り替えのやり方。

踵を上げると上重心(胸)、

踵を下げるとした重心(腰)になります。

踵を上げるとお腹を締めて軸を整える形になります。


ロードバイクのペダリングも同様の感覚で行っています。

ボクシングも踵の上げ下げにより、戦術を切り替えます。

上げた時は胸まで足の感覚でステップワーク。


重心を下げる(落とす)事を利用したパンチもあります。