その日きた人数、習熟度により内容は変えて行っています。

基礎ができてない方が応用(体の使い方)などをやると怪我に繋がるケースがあるため、まずは基礎から。

拳の握り方、脇を閉める、人差し指と中指の拳頭と呼ばれる箇所を正確に当てる。

腕を真っ直ぐに。

理解力や筋力、運動能力など総合的に判断して伝えています。