底が薄い靴を使用して感覚を磨くすることが上達への近道です。

靴底の厚さが違うと違和感がでてうまく動けなくなるくらいになるといいと思います。