ボックス!ログ

元プロが教えるボクシング理論 http://melon.mu-sashi.com/index.html

カテゴリ: ボクシング


マスボクシングで、相手のグローブで触られたら一旦離れましょう。

当てられたら、倒れされたと仮定して離れます。

それがないとマスボクシングの意味がなくなります。


スパーリングをしないのは脳を守るためです。

壊れてからでは遅いので。



基礎が出来てからですが、マスボクシングは毎日やるべきです。


攻めのパターンを増やす、

ディフェンスの感覚を養う、

距離感を掴む。

反射能力、動体視力の向上など

9割がマスボクシングでもいいと思います。

戦術の幅が広がります。



スパーリングと違い、当てないのでダメージがなく安全にできます。


ボックス!フィットではヘッドギアなし、

グローブのマジックテープを緩めてやっています。


ヘッドギアありだとパンチへの感度が鈍ります。


スパーリングはでは基本的にやっていません。




415E1ED5-B511-4CF4-AE55-EEEAA34F43E3_1_105_c



https://melon.mu-sashi.com/



https://tokusengai.com/_ct/17411763

足の甲伸ばし







IMG_1170

常に一定の歩幅を確保するための練習

https://www.instagram.com/p/CgMHkh9OOzI/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

↑1m x 1m(身長によって変えます

の床の9点に養生テープなどを貼って、



https://youtube.com/shorts/Hpj2CVEwC9E?feature=share

サイドステップ、前後ステップなどの練習


https://youtu.be/ZI7hcQ2lVAU

踵を上げて、重心を上にする意識なども筋トレになります。(軸をつくります)

踵を上げて、立つだけで腹筋を使うので軸を作れます。

またその状態のまま椅子に座っているだけでもトレーニングになってしまうのでお勧めです。



https://youtu.be/Pgu_6-iwcUM

前後ステップなども腰の動きが少ないのでおすすめです。


https://youtu.be/cuc8cKilDUs

ウィービングも足だけ動かすようにすると負担が少ないです。




腰痛は筋肉の強張りが原因のことが多いので、ストレッチやテニスボールなどを使ったマッサージが有効です。



IMG_1176


↑サッカーで使うカラーコーンの方が、身長差による幅を調整しやすいのでいいことがわかりました。
https://youtu.be/-xSw8WUb1kA







↑洗濯での匂いとりに




脳の力を使う方法もあります。

物凄く鋭利なナイフを突き立てるイメージでパンチをすると力が抜け、距離も伸びます。


相手に当たったイメージと元の位置に引いたイメージを持つと、脳の力によって中間が省け速くなります。


また相手の髪についたゴミを取ってあげるイメージでパンチを放つと、殺気がなくスピードがなくても当て安いです。



基本がしっかりできていることが条件です。

試合中にやるのならば、その場で高速前後ステップです。

フェイントを織り交ぜながらですと自然にできます。


もちろん前後ステップが正確にできることが条件です。
正確な軌道でパンチを放てることも。


ジャブ  バック ジャブの繰り返し練習。

徐々にスピードを上げていきます。

ステップが速くなると、パンチも加速していきます。

https://youtu.be/Pgu_6-iwcUM



その場で高速で足上げをすると素早くダッシュできるのと同じ原理です。

パンチは足と連動するのでパンチのスピードが上がります。

もちろんステップワークのスピードも。

↓こんなイメージです。

https://youtu.be/yHcLAACbQ1E




パンチの高速化の練習その2

足とパンチが完全に連動するように練習します。

踵を上げて、重心を上にして、縦軸をつくります。

その軸を前後に移動させて、その連動としてパンチが発動します。


力は使いません。

上記ができたら、前に2回、後ろに2回と回数を増やしていきます。

https://youtu.be/jtNoEXWyv5g



↓パンチの高速化練習 その3です。

https://youtu.be/xJ-3fBbvv8w

右ストレートを3つ連続で放つ練習。

上記ができるようになったら、次は後ろに構えた手でも出来るように練習しましょう。


↓その5

https://youtu.be/fr_LOZ-CgqQ

肩と肘のローリングの練習をします。



https://melon.mu-sashi.com/



ジャブを素早く放つには腰の返しを使う。

腰が返って、肩が連動して前にでて、その勢いで腕が前に。

力を完全に抜く事が大事です。

さらにいうと、足の踏み込みを腰の返しと連動させます。

足でジャブを放(はな)ちます。

まずを両足の踵を上げ、軸をつくってから行います。



前後ステップ+ジャブ(前に踏み込むと自然にジャブがでるように)を練習するといいです。

徐々にスピードを上げていくと、高速ジャブを放てます。




https://youtu.be/yaGjeUcdASM

井上尚弥 解説




https://vt.tiktok.com/ZSR8rxGEN/?k=1

50肩解消



↓レスリングシューズなどに合わせやすいです。ある程度の長さが有るので。
↑キャラメル味が溶けやすく、おすすめです。
ただ味は個人差が大きいので自分が飲みやすいものを。
一回で20gほどのタンパク質を摂取可能です。
運動している人は通常の2倍のタンパク質が必要となります。

前後のバランスを5:5の状態でジャブ。

相手の構えているグローブを触ります。

すると前に7:3に重心を移す(肩を入れる)だけで全てのパンチ(ストレート、フック、アッパーなど)が届くことになります。




https://sakura-checker.jp/

さくらチェッカー

ネット上の偽物がわかるそうです。




パンチを連続で避けることが可能になる練習(その1)


型を覚える。

避けたかのパターンを速く動いてもできるようにします。

https://youtu.be/ah9dOn4sVns



その2

スティミットなどでパターンをきめて避ける練習。

https://youtu.be/qefhkCZWuhg




その3

グローブをつけてもらって、ゆっくり大きい動作でパンチを放ってもらい余裕を持って避けて行きます。

https://youtu.be/fYIDHHb6Gas





その4

実践。

https://youtu.be/z5lIArJKFog




https://youtu.be/Au5DWTRycoc

ストレッチで骨盤を立てる意識を作ることも必要です。



https://youtu.be/mNECHA3uw44

ラダー



https://youtu.be/HIWmVNTr9ps

ステップワーク

顎や頭部を完全に打ち抜いた後に元の位置に素早く引くパンチがあります。

イメージ

https://youtu.be/3CL3cApcihg

打ち抜いているので手応えはありません。



https://youtu.be/JP3EJr-6v0s

伸ばし切るパンチというのは前体重を乗せ切るイメージです。


右ストレートの時に左の脇を開くのは

オーソドックスの場合です。

状況、習熟度にもよりますがあくまで応用編のパンチです。

そっちの方が右が伸びますが、形ができてない場合、フォームが崩れます。

筋力がないと安定しません。

そしてディフェンス(防御面)での欠点があるため、適応できる人は少ないと思います。



IMG_1791


重心位置の切り替えのやり方。

踵を上げると上重心(胸)、

踵を下げるとした重心(腰)になります。

踵を上げるとお腹を締めて軸を整える形になります。


ロードバイクのペダリングも同様の感覚で行っています。

ボクシングも踵の上げ下げにより、戦術を切り替えます。

上げた時は胸まで足の感覚でステップワーク。


重心を下げる(落とす)事を利用したパンチもあります。



アウトサイド(フック系)のカウンターを放つ相手にはまず相手の腕の外から(フック系のパンチ)攻撃をしつつ距離を詰めていきます。

相手はカウンターを放ちづらいはずです。


もしくはあえてイン(ガードの内側)にパンチを放ち、相手のカウンターを誘います。

その後そのパンチを外しながら(ウィービング、スウェーバックなど)攻撃にや、移動に移ります。



動きのリズムが同じだとカウンターを放ちやすいので、「ラテラル ステップ」などでリズムを変えていきます。

https://youtu.be/c-E3_htZTvU


サウスポー、オーソドックを切り替えると距離が変わるのでカウンターを放ちにくくなります。



「スイッチボクサー対策」

オーソドックスメインでサウスポーにスイッチするタイプは初めからサウスポーで闘います。

スイッチしながらの右が一番やっかいなので距離を空ける為です。


またサウスポーvsサウスポーは苦手というケースが多いので、スイッチを封じる事にもつながります。















うずらの卵を握っているイメージです。

ミットやサンドバック、スパーリングでは握り込みます。当たる瞬間だけですが。


カラーコーンを使った最も基本的な練習

https://youtu.be/6bSXypA0fvk











https://youtu.be/gs99fAjY4E0

↑キューバ式ステップ

FullSizeRender




カラーコーンを使ったステップ

https://youtu.be/EZWiSEbXHhs

https://youtu.be/aBdH33Crj78


基本は

①ステップイン

②ピポットターン

③ステップアウト

https://youtu.be/nHNSF2YaZyI


上記ができてから、シャッフル、ラテラルステップなどを使っていきます。


https://youtu.be/4V1PSLyyhjQ



https://youtu.be/Z_aQqRC_kbk


https://youtube.com/shorts/-fnsdY_Ekb0?feature=share

⬆️ラテラル ステップからのボディ。






IMG_0890


①スティックミット。

主に防御の練習用です。
https://youtu.be/qefhkCZWuhg



②ハンドミット

力を抜いてパンチを放ち、撃ち抜く感覚を身につけるためのミット。

怪我をしにくいです。

防御の練習にも役立ちます。


     
ボディブローには向いてないので、
↓ボディプロテクターや他のミットでの対応がいいと思います。


③軽量ミット

軽量で高速コンビネーションなどを行うときに使います。

https://youtu.be/dIX7g2Gzevo





④固めのミット

強くパンチを放ったり、コンビネーションの時に使います。



⑤ドラムミット

フォームが整ってから最終的に行うミットです。

パンチ力強化に使います。
小型の方が使い勝手はいいですが、パンチが強い人には、大型の方がいいです。




リゴンドー 解説

https://youtu.be/6AGVvy6rVt4


ガードを上げる!

というよりも、相手のグローブと自分の顔の前に(自分のグローブで)壁を作るイメージで。

常に自分の視界の中に自分のグローブが2つあるといいです。

相手の攻撃を見切るまでは。



ボックス!フィットではオーソドックス

サウスポー(右手前)の両方に対応しています。

ミットも両方の選手を交代で持つことが可能です。



BOXING TRICKS (ステップダンス)  使いこなせてこそ知識


🔼こうなるには、

ステップルーティーンと、

https://youtu.be/HIWmVNTr9ps


ラダー、縄跳びですね。

https://youtu.be/mNECHA3uw44


そして肩タッチ、膝タッチなどが有効です。

https://youtu.be/p4KTV2c2nck

キューバ式トレーニング🔼



アンディクルズ(キューバ)

https://youtu.be/2C1i8XKp-0A

と動きが似ているので同じようなトレーニングをしているかもしれません。



上記ボクシングをするには下記ボクサーのように基礎がしっかりしていることが重要です。

https://youtu.be/MaFyhUWgKvI

リカルド・ロペス

  • アマチュアボクシング: 40 40 28KO
  • プロボクシング: 52 51 37KO 1

  ミニマム級世界チャンピオンを22度連続防衛



ソイプロテイン

ホエイプロテイン(牛乳)で下痢になる方は

ソイプロテイン(豆)がいいです。

https://amzn.to/3vDEFCD

🔼ソイプロテイン




パンチを撃ち抜く感覚を掴みやすいです。

また力(りき)まずにできるので、力が入ってしまう人にはこちらがいいです。

手首も痛めにくいので、初めてボクシングをやる人にも

FullSizeRender







https://www.youtube.com/watch?v=i33rEJowA2I

ステップを使った試合




↑私はこれを利用しています。

何度も洗って使えるので便利です。

ボクシングでも使えます。

気温35度、湿度85%の長柄ジム(夏場)で使うと汗で呼吸が苦しくなります。






https://www.youtube.com/watch?v=KrVKb53JLZE

顎(あご)を撃ち抜く感覚を身につけるために使うこともあります。


https://www.youtube.com/watch?v=3CL3cApcihg

ミットでもできます。



↓こちらはパンチングボールダブルです。




↑しずく型の方が不規則に動くので難しいです。

↓使ってみました。

https://youtu.be/X8C1-59XP0I


https://www.youtube.com/watch?v=xNfDXoLfmTo

パンチングボールダブルの使い方の一例です。



https://www.youtube.com/watch?v=HIWmVNTr9ps

ボックス!フィットでやっているステップワーク



打撃系格闘技をやってない限りはパンチをロングの間合いで放つことはなく、筋肉の筋が縮まっている状態と考えられます。

(柔軟性がない)

その状態で遠くにパンチを放つと筋が伸びきって痛める事があります。


やっているうちにその筋(スジ)の柔軟性が上がることにより痛みはなくなります。


対処方法としては、始める前にやった腕のストレッチです。

指ごとに伸ばしてみて、自分が一番張っていると思われる指を重点的に伸ばすといいです。
↓こんな感じに 40秒くらい。1日に何度でも。

https://youtube.com/shorts/yjE7FwTVJB8?feature=share

方法はいろいろあります。
その中の一つです。

蹴り足のエネルギーを前足で止め、腰の回転、上半身の回転、それを前の手で止めて、最後の後ろの手に変換して打ち出すってのができることが前提となります。


オーソドックス版

半身(45度くらい)の角度で構え、上半身はそのままで肘でお腹を擦るように後ろの手でパンチを放ちます。

それを9回高速で繰り返し、10回目で体の回転で打ち出します。

手が先に出て体がそれに連動して動く感覚をこれで養います。

https://youtube.com/shorts/YuSnnaBYYjY?feature=share

こんな感じです。


また45度の上半身の角度を保ったまま、グローブタッチの練習をします。

上半身を45度に保ったまま右手を伸ばし、組んだ相手にその位置にグローブを伸ばしてもらいます。

そしてパンチを放ち、タッチしに行きます。

相手は触られないようにグローブを引く。


お互いにその場に立ったまま、反射神経と動体視力を上げる練習です。







https://www.youtube.com/watch?v=tgc5ncluvS8

↑スウェーバックからの頭の位置を戻すパターン。

ボクシングは頭の位置を中央にするのが基本です。

どこにでも動けるような基本の位置。
前足、後ろ足と50%体重を分散させると前後左右に動きやすいです。
私は60 対40の前荷重の方が動きやすいですが。
人によって違います。

重心位置も上(胸)だったり、腰だったりします。
人によりますし、動きによっても変わります。
意識しないでもできる人は意識しなくて構いません。

上半身を倒すというよりは、骨盤から倒すイメージです。

骨盤(腰)ごと一直線にするイメージです。


 パンチ力を上げるのに使うミットです。
私はウィニング製を使っています。
小さいサイズの方が使い勝手はいいですがが、
↓大きいサイズの方が持ち手の安全性が高いと思います。





↓このドラムミットを使っています。


ヘッドスリップ2スウェーバック

ヘッドスリップ2右ウィービング

左ヘッドスリップスウェーバック

右ヘッドスリップスウェーバック

右ウィービング

左ウィービング

右ストレート 

左フック

右ストレート


次回これやります。

https://youtu.be/JfTod5QKHL8



https://youtu.be/J-fdqkHD1vA

文化系女子でもできる、ミットコード



↑私が飲んでるプロテインです。溶けやすく飲みやすいです。

ボックス!フィットでは初心者から上級者まで対応いたします。

グループレッスンには見学やボクシンググローブをお持ちの方でしたら、連絡なしで参加可能です。



↓場所

長柄ジム  毎週火曜日 19:00-21:00  1000円

 サンドバック、パンチングボール、リングがあります。



■長柄町日吉小学校体育館  木曜日 19:00-20:15 500円

  休み : 9/29


長柄町武道館 日曜日 19:00-20:30   800円

 休み : 9/232023年 3/31 (工事の為)



■ 水上小学校 日曜日 19:00-20:30    800 

 長柄町大津倉264 

 開催 : 9/25〜 2023年 3/31 

 休み : 10/30, 11/6

   


■千葉市緑区おゆみ野公民館 水曜日 10:30-11:30  500円




千葉市緑区土気あすみが丘プラザ 土曜 19:00-20:30 1000円 
 開催希望者がいた場合のみやります。
 開催が決まった場合、グローブお持ちの方は連絡なしでも参加可能です。


http://melon.mu-sashi.com/index.html

↑最新情報と連絡先









怪我をしないこと(ディフェンス最優先)のボクシングを伝えています。

スパーリングは毎日練習している人がいないため、やっていません。

試合参加も同様です。

↓ボックス!フィットの写真と動画

https://www.instagram.com/takamitsubox/

https://www.youtube.com/user/gallymelon/videos

https://www.tiktok.com/@box.fit?


#ボクシング#ミット#女子#新規#メンバー#募集#長柄町#刑部#日吉小学校#体育館#長柄町武道館



ピポットターンを使って前に攻め込むのを

「ピポットイン」


ピポットターンを使って後ろに下がるのをピ「ピポットアウト」


と定義します。

ピポットインは相手の裏を取る時などに使います。

右ストレート2択などで

https://www.youtube.com/watch?v=Edk_wDz5y1w

重心を腰あたりに置くとやりやすいです。



IMG_0644



↓私がやってる事↑
月500kmほど自転車で走行。
31日で割ると1日15km。
30分ほどです、ロードバイクなので。
朝と風呂上がりにストレッチと腹筋、腕立て、ブリッジ(首強化)などの簡単な筋トレ。




プロテインはグロングというのを毎食。
2002年からプロテインを摂取しているのですが、一番溶けやすく飲みやすいからです。
3kgを大体1ヶ月ほどで消費します。

1日100g程 タンパク質を摂る必要があるためです。
運動している人は2g x 自分の体重分タンパク質を取らないと栄養失調になることがあります。



以上が日々行っていることです。




ボックス!フィットでは新規メンバーを募集しています。
ボクシンググローブをお持ちの方や見学でしたら連絡なしでも大丈夫です。




↓連絡先
https://melon.mu-sashi.com/
↑最新情報

https://sports-spottel.com/page-32

↑メンバー募集

内容はそろったメンバーによって変えます。

流れは下記の感じです。

ストレッチ

https://youtu.be/xFo-sELg1tg

基礎

https://youtu.be/7GWhrjpOiTY

ステップワーク

https://youtu.be/HIWmVNTr9ps

ラダー(日吉小学校、長柄武道館の場合)

https://youtu.be/mNECHA3uw44


グローブをつけて2人ぐみでの反応練習。

(その場でたったままジャブを相手の右グローブに放ち、相手はそれをグローブを動かすことによって避けます。)


膝タッチ、肩タッチ練習。


マスボクシング

https://youtu.be/EjKrs0jIxGQ


ミット


ストレッチ

の流れです。

マスボクシングはやりたい人のみです。






練習メニュー(PRO時代)

屈伸 3分 2ラウンド

ボクサー歩行 2ラウンド

ステップ しながらワンツー 2ラウンド

前後ステップ 2ラウンド

防御の基本動作 2ラウンド

シャドウボクシング 2ラウンド


マスボクシング 2ラウンド

ミットうち 2ラウンド

サンドバック2ラウンド


サンドバックで20秒連打(20秒ワンツー全開、10秒休み) を6


縄跳び 2ラウンド


こんなかんじで練習していました。

ご参考になれば幸いです。






基礎が固まるまではひたすら基本動作をやるのがいいです。

(鏡の前でジャブをゆっくり11分ぐらいかけて最小限の動作で行うなど。)


サンドバックでピンポイントで拳が当たるようにひたすら一日中でもいいので一つのパンチを打ち続けるのもいいと思います。


またスティックミットなどで、パンチを避ける練習をやるのもかなり有効です。


基礎ができたら、または基礎と並行して、肩タッチや膝タッチの練習をして反射神経や動体視力の向上を。


そしてプロテストに合格できるぐらい基礎が完成したら、練習の80%がマスボクシング(パンチを当てない)でいいと思います。

防御の経験と攻撃のアイデアをこれで養います。

重心が上にあると、

https://youtu.be/rOJuQozu4Z8

ロマチェンコステップ(寄せ足)がやりやすいのでお勧めです。

胸の辺りまで足があるとイメージしてやります。



帯などを胸で結ぶと上重心の感覚が掴みやすいです。

↓腰で結ぶとした重心になります。

https://youtube.com/watch?v=PULWPa0yP4k&feature=share









↑私が使ってるスポーツドリンクの粉です。

私がやってるミットを持つ側の覚え方です。

まずオーソドックスバージョンを覚えます。

次にそれをミットで受けるところをイメージ。

サウスポーはそれを反転させます。




ミットコード(オーソドックス版)ボックス!フィットver.



ループ(ベース)

左アッパー 左フック 右ストレート

右ボディ 右アッパー 左フック 右ストレート


左ウィービング、右ウィービング

右ストレート、左フック、右ストレート(以下、右左右と表記)


左アッパー 左フック 右ストレート

右ボディ 右アッパー 左フック 右ストレート


引いて右ストレートを2回

右ヘッドスリップ、左ヘッドスリップ、右ウィービング

右左右


左アッパー 左フック 右ストレート

右ボディ 右アッパー 左フック 右ストレート


引いて右ストレートを3回

ダッキング 

右アッパー 左フック

右ストレート 左フック


https://youtu.be/dIX7g2Gzevo


No name ループ

右ボディ 右アッパー 左フック 右ストレート

右ウィービング

右左右

右ガード

右左右

左ショルダーブロック

右左右

右ヘッドスリップ 左ヘッドスリップ 右ウィービング

右左右

スウェーバック

右左右

ジャブx6





モンタナ ループ

左フックx2 右ストレート

スウェーバック 右ストレート

右ウィービング 右ストレート


右ボディ 右アッパー 左フック

左ボディ 左アッパー 右ストレート 左フック



右ヘッドスリップ

左ヘッドスリップ 

左アッパー

右ウィービング

左アッパーx2 右ストレート


右ボディ 右アッパー 左フック

左ボディ 左アッパー 右ストレート 左フック


左ショルダーブロック 右ストレート

右ガード 右ストレート

X3


左フックx2 右ストレート

右ウィービング



F(フック)

左フックx3 右ストレート

左アッパー 左フック 右ストレート

右ボディ 右アッパー 左フック 右ストレート

https://www.youtube.com/watch?v=nQ3SLxCM0kA



Fマイナー

上記の後に 

右ヘッドスリップ

左ヘッドスリップ

右ウィービング

右左右

右ガード

左フック 右ストレート

https://www.youtube.com/watch?v=-TAiwvPAS7k




J

肩x2 右ウィービング

右左右

左フックx2 右ストレート

https://www.youtube.com/watch?v=SqG2i6I63vw


Jマイナー

肩x2 右ウィービング

右左右

左フックx2 右ストレート



A

左ガード 右ガード

右アッパー

(左アッパー 左フック 右ストレート )x2

右ボディ 右アッパー 左フック 右ストレート


https://www.youtube.com/watch?v=etXZ6U5Ec6I&t=11s


Aマイナー

左右ガード 右ガード

左フック 右ストレート

左アッパー 左フック 右ストレート

右ボディ 右アッパー 左フック 右ストレート



SCロール

右左右

右ガード 

左フックx2 右ストレート

右ウィービング 

右左右

https://www.youtube.com/watch?v=vEhTevbylxg&t=3s


Ccb

引いて右ストレート 左ボディ 左フック 右ストレート

左に外して左フック 左ボディ 

右へ ピポットイン


ミットコード o(オー)

左足ピポット 左フック

右足ピポットでサウスポーにスイッチしながら右フック

左後足でピポットでオーソドックスにスイッチしながら左アッパー

右左右

右ウィービング

右左右

ミッターの肩を左手で触って右ストレート x3回

右ウィービング 

右左右




https://www.youtube.com/watch?v=YCBs71UEbMQ

↑ボックス!フィットでのマスボクシング


ボックス!フィットでは新規メンバーを募集しています!

初心者から上級者まで対応いたします。

http://melon.mu-sashi.com/index.html

沈み込みながらフックを放つ方が安定する人もいます。


まずは得意な型を徹底してやり、完全に固まってから次のパンチの放ち方にする。

それが近道かもしれません。


↓体の抜きを利用したフック

https://www.youtube.com/watch?v=JP3EJr-6v0s




↓私が使っている手帳です。

練習では必ず当てるようにしないと癖がつくのでいけません。

↓ロングフックでも必ずここを当てます。


https://youtu.be/9rw4DgLlzTg


kobusi


初めから肩を意識するとフォームが崩れます(崩れない人は別)。

自然とでればいいし、相手に対して身体を正面にする程度でかまいません。


また鎖骨を逆の手で摘むと、自然と肩が可動します。

鎖骨を親指と人差し指で摘んだままパンチをすると筋肉を繋げるという意識ができるようになり、パンチ力が上がります。


ボクシングの基本は相手の攻撃を全て避ける事です。

ヘッドギアをつけていても、軽いパンチでも

「網膜剥離」

や数十年後にも起こる「脳障害」との危険性は常にあります。


まずはマスボクシング(寸止め)

タッチボクシング(肩や、膝、腰に)などで当てない技術、触らせない技術をつけることが最優先事項となります。


また避けた後にかならずパンチのリターンを入れる癖も必要です。

試合での判定での印象がよくなります。

そのためにミットでも避けるとリターンパンチの癖付けをするといいです。



その時は軽く柔らかいグローブで(合成革など)、反射神経と動体視力を養いましょう。

重いグローブですと途中で止められないかもしれませんし、パンチの速度が遅くなります。




ロングの距離(2歩踏み込まないとパンチが届かない)にいるのが海外では基本のようです。

そこでは集中力をあえて落とします。


ミドルの距離(1歩踏み込むとパンチが届く)から100%の集中力で。


日本と海外の差はこの距離と集中力の差らしいです。

距離も日本人はBの距離で攻防をし続けるためにAの距離にいる相手を攻略するのが苦手となります。

逆に言えば、海外の戦い方ができれば日本国内では負けにくくなるはずです。


距離の目安

ロング。
お互いに目一杯ジャブを伸ばした距離。 

2歩踏み込まないと当たらない。


ミドル。
相手の前に構えた手にジャブが当たる距離。

1歩踏み込むと当たる。


ショート。
相手の後ろに構えた手に自分の前の手のロングフックが当たる距離。

その場で全てのパンチが当たる距離。


の3種類です。




http://melon.mu-sashi.com/index.html




基本、体の使い方、軸を回転することによるパンチ、体重移動、前への移動をそのままパンチにのせる方法ができて、考えなくてもパンチが出せる方対象です。


形ができるまでは自分の拳から、目標物へまでの線を引いてそれをたどるというのを完璧にぶれなくできるよういなるまでゆっくりと繰り返すことが必要となります。


上記のように基本は動画です。

体の動作を一つづつ確実にやります。

連続した動作。




脳の想像力がスピードをつくるので速くするに2枚の写真を想像するといいです。

1枚は目標物に当たった写真。

2枚目は元の位置に戻した写真。


間を全て省略することにより、スピードは増します。


もちろん、力を完全に抜くなどの事ができていないとだめですが。


私自身に置き換えると、スピードを意識できているときは写真2枚。

ゆっくりになっているときは線をたどっていました。


はじめは意識して。

次に無意識下で全てできるようにします。


防御動作も線をたどるというより、2枚の写真を意識すると速くなるははずです。

マスボクシング(寸止め)は反射能力、動体視力を強化する為にやります。

安全のためにupレザー(合成皮革)のような柔らかいものを使い、先端に拳一個分の空間を空けます。


スパーリング(パンチを当てる)のでしたら14ozなどの分厚いグローブの方がいいと思います。


ボックス!フィットではtwins(ツィンズ)というメーカーの1012ozupレザーグローブをお勧めしています。
8ozだと拳が痛いという人は分厚いものがいいです。


https://youtu.be/J7zrjSNHu8w

↑ジャブは目隠し
 

20秒全開サンドバック、10秒休みを6〜8回繰り返すのが最適解です。

終わったら倒れ込んで立てないぐらい追い込むことが条件。

週1回〜2回やるだけで効果(スタミナとスピードアップ)ありです。

もちろんランニングや通常の練習をしっかりやっておくことがやることの条件になります。





「気持ちは最後」
スパーリング、マスボクシングは戦術の実験です。

気持ちで戦うものではありませんし、壊し合いでもありません。

自分の距離、相手の距離を測る。

パンチの当たらない場所を探るためのものです。





[ボディだけ強く殴っていいだと]
頭部への打撃は死へと直結することがあり、意識の90%はそれを避けることに費やされます。

ですが、ボディだけ強く殴っていいというルールにするとその意識が取り払われ、全く別の競技へと変貌します。

そして頭部への打撃を避ける意識が減ります。


100%避けることに集中する。
相手が16oz puレザーグローブ twins(柔らかく軽い)だとしても。

力が入ってないパンチの方が脳は揺れます。(急所に当てた場合)


マスボクシングでもパンチが当たることはあり、その蓄積が脳を壊します。

なのでどんな状況でも、さまざまな戦術を試す実験だろうとも絶対にパンチが当たらないところに頭を置くのが最優先事項になります。


反応を鍛えるには2人で向かい合わせで手の届く場所に立っての肩タッチ、避ける、肩タッチが最適です。



このページのトップヘ